「自分」を考える…

私がブログをかく理由…
基本、私のブログは休日は更新しない「主婦型」

平日、ブログを更新する時は
・子供が「2人の世界」で遊んでいる時
・観たいテレビを観ている時(親はテレビが大嫌い)
・子供が寝てから(子供が寝ると「さぁ!何しようかなっ♪」って感じ)

今ブログを更新しながら、「自分」について考えてみる。
折り紙で何ができるか…
何をしたいか…
何に向かっているのか…

模索しながら生きているので、無論結果は出ない。

でも私の脳内にあるキーワード
・折り紙大好き
・日本文化大好き
・国際交流大好き
・子育て大好き

子供の頃からずっと続いている。

…どれも譲れない

子供から「ママは何のために頑張ってるの?」と聞かれたことがある。
何のためだろう
私、何の為に頑張ってるの~

人生って奥が深いわね(笑)

今はきっと色んなことの通過点
色々やってみて、きっと未来に
やっていてよかった」と思う日が来るはず。
やらないより、やったほうが絶対いい

だから私は平日限定のにわかブロガー。
更新はほんの10~15分程度だけど、私の活動の軌跡は残る。
知らない人と、ブログを通して知り合いになることもできる。
折り紙を通してコミュニティも広がった。

人生に目的があると楽しい
毎日色んな折り紙を折って脳を刺激する(笑)

だから…

息子よ…

ママは…

ママは…
自分のために頑張ってるんですよ~


やってみたいと思ったことは
「思う」だけじゃなく、やってみたほうが楽しいからよ~
スポンサーサイト

COMMENT

4歳にして、その質問が出ますかーΣ(@o@)ノノ
きっと、お母さんが頑張り屋だという事が、お子さんにも伝わってるんですね。
折り紙は世界に誇るべき素晴らしい日本の文化だと思うので、それを海外の人に見てもらったり、子供に伝えたりする事は、とても有意義な事だと思います。
基本が自分の為でも、色んな副産物を周りの人に生んでくれてると思います(^_^)

恐ろしい質問

末恐ろしい質問ですね!

何のために頑張るのか?

難しいですね!

一つ言えることは頑張るのではなく

やりたいから楽しいからやっているですかね!

人が楽しそうにしているとやりたくなりますからね!

お子さんもきっと興味が湧いての質問を

投げかけたのではないでしょうか。

ボンギじいさん様

色んなことに挑戦したり、経験を積み重ねることは
人生の基盤作りだと思うのです。
自分の土台がよりしっかりと豊かであるために
私は日々頑張っているのだと思いますe-446

…ま、好きだからできるんですけどねっe-446

teruorigami_mania様

きっと、折り紙しているとき
夢中な顔してやっているんでしょうね~私e-446

あと、家の中だけでなく「折り紙」と言っては
子供たちを連れ回しているからなんでしょうね(笑)
「なぜママはあちこちで折り紙を頑張っているのか…」自然な疑問かも(笑)
アクティブママの子供は大変ですe-456

子供が折り紙しているときの「熱中している顔」は
「頑張っている」ように見えます。
口がとんがっていて(笑)


Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

プロフィール

どりまま

Author:どりまま
家族と折り紙と
ジャズピアノを愛する2児の母
*住まい*
 宮城県仙台市
*HP*
Origami walker
わんわん☆Walker

携帯してくださいませ♪

QR

カレンダー

カテゴリー

最新の記事

お世話になっています

ブロとも申請フォーム

   折り紙を趣味にしている方大歓迎!

この人とブロともになる

     そうでない方もどうぞ!!

おりがみ

風雅(長男)

亜門(次男)

*script by KT*

side menu

Japanese→English

↓ Translation, please click here

English
♥. ♠. ♣Alice

参加しています

ワンクリック お願いします☆

FC2Blog Ranking

↑↑↑ポチつとな♪↑↑↑

登録しています

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村
折り紙 ブログランキングへ

↑ポチっと一押しお願いします↑

リンク

頑張れ! 楽天!

頑張れ ベガルタ!

頑張れ 仙台89ERS!

折り紙イベント(仙台)お知らせ

e-mail

Please send an e-mail to me ♪

Name:
e-mail address:
title:
main body:

おすすめサイト

Let's study Eglish !

Powered By FC2 blog

FC2Ad


まとめ